記録が記憶に

d0039493_19085453.jpg
Canon 6D + CANON ZOOM LENS 24-105mm 1:4L IS USM


「写真とは記録でなく、のちに記憶になっていくもの」

写真家小林修士さんの言葉です。

写真家が撮った写真は、どんなに素晴らしい写真でも

個人レベルでは記録でしかなく

普通の家族の間で撮った写真は記録だけでなく、のちに記憶になる。

それが写真本来の意味ある写真ではないかと思う。

そんな趣旨の話しだったと思います。

こういう写真を撮っていると、その意味が

なんとなくだけど分かる気がしますね。


西宮市
夙川











by mitorot | 2018-04-03 19:31 | | Comments(0)
<< 現世からの訪問 散桜 >>